サプリメントを販売したい!方法や資格とは?

サプリメントを販売したい人のためのサイトです。

*

サプリメント販売をするための法律とは

   

サプリメントは食品として販売されており、医薬品扱いはされていません。

医薬品は効能がはっきりしていますが、サプリメントは食品衛生法などの食品に関わる法律に基づいて販売されています。

外食産業や、生鮮食品は、販売者には許可がいりますが、サプリメントは加工食品なので、許可がなくても売れます。

もしもサプリメント販売を行いたい場合は、薬事法と、健康食品に関する法律を知る必要があります。

公正取引法や、景品表示法を確認することは、サプリメントに関する宣伝商材をつくる時には必要です。

どのように宣伝をするかを把握することが、サプリメント販売時は大事です。

サプリメント

宣伝が合法かどうかがポイント

サプリメントは食品として販売されますが、商品説明に効能が記載できるのは、薬事法で認められた医薬品に限られています。

そのため、特定機能食品の認定を受けなければ、健康食品には効能は書いてはいけないのです。

サプリメントを摂取すると特定の効能が得られるという表示をすると、法律違反として罰せられることがあります。

サプリメントを売ることは、それほど難しいことではありません。

知っておくべきことは、サプリメントの宣伝や紹介文はどこまで合法かという点です。

ただし、一からサプリメントをつくる時には、設備を整えなければいけませんし、加工食品を製造する時に守らなければいけない法律を理解する必要があります。

サプリメントは、製造においても、販売においても、法律の範囲を超えないように注意をすることが大事です。

 
膝(ひざ)黒ずみに効くクリームが参考になりました。
 

 - サプリメント