サプリメントを販売したい!方法や資格とは?

サプリメントを販売したい人のためのサイトです。

*

サプリメントの販売に資格は必要なのか

      2016/09/03

サプリメントは、専門の資格がなくても売ることができます。

サプリメント販売資格は民間の機関によって取り扱われており、日本サプリメントアドバイザー認定機構と日本ニュートリション協会があります。

取り扱われている資格は、サプリメントアドバイザーと呼ばれているものです。

サプリメントアドバイザーは平成24年に栄養情報担当者資格とサプリメントアドバイザーの資格が統合されたものです。

サプリメントアドバイザーの資格保有者は現在で国内5,000人程度で、その多くが薬剤師や、栄養士の資格を持っています。

合格率は半分以下というデータがあるので、栄養や健康に関する分野に詳しくない人には、少し難関な部類に入る資格かも知れません。

通信講座によって資格内容を学ぶこともできますので、自分なりの早さで学ぶことも可能になっています。

サプリメント

専門知識は必ず必要ではないがあれば安心

日本ニュートリション協会は、サプリメントの先進国であるアメリカの栄養学に基づく通信講座を運営しています。

通信講座では、厚生労働者のガイドラインに沿った内容で、サプリメントの資格についての勉強を進めて行くことができるようになっています。

糖質や脂質、タンパク質などの栄養素に関する基礎知識をしっかり習得できて、サプリメントの販売に関する法的なことなども学ぶことができます。

最近は、海外からサプリメントを個人輸入をして、ネット販売などを行っている人もいますが、合法行為であれば支障はありません。

サプリメントの販売には資格は必ず必要という訳ではありませんが、専門知識を有していると販売するときに役立つので持っていると安心です。

 

 

 - サプリメント